シフトの柔軟性を見極める

お金が欲しいと思った場合、アルバイトが許されている主婦なら早速バイト先を探してみましょう。小さな子どもをお持ちの主婦の場合、普通のアルバイトとは勝手が異なりますので、職場を探す場合注意が必要です。子どもがいる場合子育てが第一ですから、フルタイムのアルバイトに応募するのはリスクが大きいと言えます。子どもがいる主婦がアルバイトをする場合、短時間のアルバイトという条件だけではなく、融通が利くシフトという条件も外せないでしょう。子どもはすぐに熱を出しますから、子どもが熱を出したためアルバイトを休まなければならなかった場合、休みやすい環境の方が働きやすいですよね。その場合、忙しい飲食店だと理解してもらえない傾向にあります。あなたが出勤するのを見越して数週間前からシフト組んでいるわけですから、当日「休みます」と言われても、当てにしていたスタッフが一人いなくなるわけですからお店側はとても困る訳です。中には「誰かに看病お願いしたら?なんとかならないの?」と言われることもあるそうです。決してずる休みをしているわけではないのに、そんなことを言われると精神的に辛いですよね。そこで、シフトに融通が利くような職場ならそんな心配はいりません。融通が利くシフトといえば、製造業やデスクワークのアルバイトがあります。製造業は一日中働くというイメージがありますが、今は午前中のみというシフトもあります。やはり子どもがいる主婦が長時間働くのには無理がありますから、まずは短時間で働ける製造業やデスクワークのアルバイトを探してみてはいかがでしょう。